レンタカーを借りる

レンタカーのメリット

収入や貯蓄などといった経済事情、車両の保管スペースなどの問題から、マイカーを所有することが難しい消費者も少なからず存在します。
車を使用する頻度や期間がある程度の範囲内に収まるのであれば、車両の購入や管理、メンテナンスに手間暇やコストがかかる自家用車よりも、レンタカーを利用した方が効率の良くなるケースはめずらしくありません。

レンタカー
様々なレンタカーが存在します。ご自身の希望に合わせたものを選びましょう。

また、海外や遠隔地などへ旅行する場合には、自家用車よりも、別の手段を使って移動し、現地でレンタカーを借りた方が便利で、快適になる可能性も低くはありません。
そういう風に、さまざまな種類の、数多くのメリットがあるレンタカーですが、はじめて利用する際には、少なからず不安がつきまとうことと思われます。
このサイトでは、レンタカーを借りたり、返したりする手続きの方法や、いろいろなレンタカー会社、一風変わったサービスなど、レンタカーに関する諸々の情報を提供します。

ちょっと変わったレンタル
レンタカーも現在は多様化が進んでいます。色々なサービスをまとめました。

レンタカーを活用する
マイカー購入よりも効率的なレンタカーの長所と短所を理解しましょう。

カーシェアリングとは
ヨーロッパから始まったカーシェアリングは、近年、日本でも注目されています。

借りるには

a1640_000343「IT革命」などの言葉がもてはやされ、インターネット時代と呼ばれる事も多い現代社会では、レンタカー業者が運営するオリジナルホームページや関連性の深いウェブサイト、検索エンジンなどを利用して情報を収集したり、予約などの手続きをおこなったりするユーザーも少なくないようです。
その種のサービスは、ネットの接続環境とパソコン、携帯電話、スマートフォンなどといった機器さえ用意されていれば、時間や場所にかかわりなく利用することが出来るという利点があります。

したがって、リアルショップの営業している日時を気にしたり、店舗へ出向いたり、電話をかけたり、FAXやメールを送信したりする必要が無くなり、余計な手間暇や費用を節約することが可能となります。
例えば、旅行へ出かけて、現地でレンタカーを利用するのであれば、事前にネットで手続きをしておくことによって、当日になってから慌てたり、無駄な時間やエネルギーを消耗したりするリスクを軽減することが出来ます。

レンタカーの予約をすることなく、飛び込みで借りることも可能になります。
ただし、希望する種類の空き車両が無かったり、手続きをする際の時間やエネルギーが増えたりするリスクを考慮に入れると、出来得る限り、事前に予約の手続きをしておいた方が良いかも知れません。

また、レンタカーの利用料金を支払う方法としては、現金の他に、クレジットカードを利用するという選択肢もあります。それらの決済方法によって、必要となる書類などに違いが生じてくる可能性が高いですから、気をつける必要があります。

次に、レンタカーの返却をする際には、ガソリンを満タンにしておくのが原則になります。ただし、諸般の事情によって、そのような対応が難しい場合、そのまま返すことも出来ますが、割高な料金が請求されることを覚悟しておく必要があります。

そして、レンタカーを取り扱う業者や選択するプラン、予約などの手続きをするルートなどによって、負担しなくてはいけないコストなどに少なからず違いが生じるケースも稀ではありません。
例えば、インターネット上の予約は、人件費が少なくて済むなど、事業者側にとっても多くの金銭的メリットが得られることから、店頭や電話による手続きよりもリーズナブルな値段設定がなされているケースが多いようです。

オプション

その他に、レンタカーに関する特定のニーズや希望条件を有する場合には、オプションを付帯することも検討すると良いでしょう。
例えば、雪道や凍結した道路などを走行する際には、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの装備を付帯する事をおすすめします。

また、子どもの身の安全を確保するためには、チャイルドシートやジュニアシート、ベビーシートなどを利用することも大切なファクターになります。
それらの付帯オプションの中には、利用者の利便性や快適性を向上させるだけではなく、法律で設置が義務付けられているものもあります。

そうした取り決めがあるのを知らなかったり、知っていても故意に義務を怠ったりすると、交通事故によるリスクが高まるばかりか、法律で定められたペナルティを科せられることにもなり兼ねませんので、注意を払いたいものです。

また、法律だけではなく、事業者の設定したルールに違反する行為をした場合にも、所定の罰則を処せられる可能性があります。

原則として、レンタカーは、運転免許を所持し、必要な金額を支払いさえすれば、誰でも利用出来ます。
ただし、免許を取得して間もない初級ドライバーは、事故を起こすリスクが高いなどの理由で、利用の申し込みをしたとしても、業者から断られる可能性が高いという話です。

その種の問題を解消するためには、複数の業者スタッフに問い合わせをして、粘り強く交渉する他、経験豊富な運転者に同乗してもらったり、保険の加入や特約の付帯に関して、制限事項を設けたりするという選択肢があります。

会社一覧
レンタカーサービスを提供している会社をご紹介します。